--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | --:--:--

2011/11/28(月)


橋下陣営圧勝でしたね。
既存メディアは橋下氏のことを独裁者だなんだとネガキャンしていましたが、大阪市民が望んでいたものはまさにそれ、独裁者と呼ばれるほどの強いリーダーシップを持った人材だったようです。

これについて報道していた某ニュース番組のコメンテーターが、
「(独裁的に)事を進めず、じっくりと周りと調整しながら……」
という旨のコメントを言っていましたが、正直なところ民意と乖離したへなちょこな意見だなと個人的には思いました。
国民の間に漂う政治不信や既得権益層への不満は相当鬱積しています。
震災・円高等々非常事態にあるといえる日本の政治に今求められているものはハードランディングであり、一刻も早い改革だと思います。

記者会見での橋下氏の発言は非常に明確で、聞いていて気持ちがいいくらいでした。
あとは実行に移すだけ。
それくらい1つ1つの政策内容が具体的で詳細でした。
なぜ他の政治家にはそれができないのでしょうか。
私はここに「選挙制が持つ欠点」が見えるように思います。

政治家は政治を行う前に「選挙に勝つ」という高いハードルを越えなければなりません。
口下手だったり人前に立つことを嫌がるような人は、たとえすばらしい政策や構想を持っていたとしても選挙に勝てません。
そもそも実務をコツコツと誠実にこなすような人は選挙などという派手な場所にはあらわれず、パフォーマンスやネゴシエーションを得意とする人ばかりが立候補しているような気がします。
つまるところ政治家になるには、ただ単純に選挙にさえ勝てればそれでいいのです。
はたして政治家は政治が得意な人なのでしょうか、それとも選挙が得意な人なのでしょうか。

偶然にも窮地に立たされた大阪府は橋下氏のような政策・選挙双方に通じているすぐれた救世主を輩出することができました。
前述の某ニュース番組でも、
「詳しいことはわからないが、なんか改革を進めてくれそう」
という街頭インタビューを紹介していましたが、橋下氏のかしこいところはまさにこれです。
彼の言う「大阪都構想」は内容だけ聞くと複雑で難しそうですが、それはやり方(手段)がややこしいだけであって、やりたいこと(目的)は「既得権益層を壊して無駄と不公平をなくす」という一点だけなんですね。
「大阪都構想」というもはや固有名詞とも言える代表的な単語を作り、これを連呼することでわかりやすく市民に自分の信念をアピールすることに成功しました。

まぁ選挙でもコラムでもなんでもそうですが、今の時代正しいことを言うだけではダメなんですね。
人の心に訴えかけ、印象に残るように話す(書く)ことが重要で、そういう意味では成功する人というのは才能が2つも3つも必要な時代となったわけです。

……てな具合に今回の大阪市長選というのは、このような誰も見てないしょうもないブログ上でもなんか記事を書いてやろうと思わせるほどに、全国からの注目が高いものとなっていたように思います。
恐らく私がそうであるように他の方も、この市長選に現在の日本の縮図のようなものを感じとり、未来の日本の代表を想定しつつ行く末を見守ろうという気持ちが強くあったのではないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント(0) | トラックバック(0) | 12:57:28

2011/11/04(金)


Sony Tablet なかなかいい感じです。
軽いし持ちやすい。
コメント(0) | トラックバック(0) | 12:21:19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。