--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | --:--:--

2014/10/16(木)


コラム投稿しました。

ユーザーインタフェースについて雑感

私もそうなんですが、システムやアプリケーションなんかは、プログラマがプログラムと同時にUIも開発しているケースが結構あるんじゃないかなと思ってます。
プログラマがUIを作る場合、どうしても「とにかく機能を網羅する」ことを優先してしまい、UIがおろそかになりがちなんですが、UIの設計は機能設計でもあるんで、本来はしっかりとやるべきなんです。


0. 「マニュアルでしっかり説明しとかなきゃ」
まぁ、「UIは直感的であるべき」なんて当たり前のことですよね。
直感的とは何かと問われれば返答に難しいですが、私なりの回答としては「現実世界の存在を模することや物理法則に従うこと」という言い方になります。
もちろんリアリズムを追求せよと言っているのではなく、誰もが持っている共通の常識基盤を利用せよ、ということなんですけどね。

1. 「UIはデザイナーにまかせよう」
私もデザイナーが作ったUIで開発をしたことがありますが、機能が抜け落ちてたり情報が足りなかったりと結構苦労しました。デザイナーはデザインを考える人なので、ソフトウェアの機能性や業務論理なんかまで考慮するのは難しいですよね。

2. 「ここにこの情報があった方が便利だよね」
結局、1画面に情報を詰め込み過ぎたり、雑多な情報群みたいになっちゃって、わかりづらくなるんですよね。
この画面はこの情報、あの画面はあの情報といった具合にきちんと情報の整理がされてる方がいいと思います。

3. 「ここは違う色の方がいいな」
色だけはほんと主観的な指摘をするなぁという人が結構います。基本的にボタンなんて全部同じ色でいいと思うんですがね。そうした方がボタンとわかりやすいのに。

4. 「今はやりのフラットデザインで」
賛否両論あるかと思いますが、そろそろフラットデザインの世間一般の評価を色々聞きたい。

5. 「もっとクリック減らせないの?」
はじめて使う人とよく使ってる人では、同じUIでも印象が変わってくるでしょうね。
そのシステムを使い慣れている人やそもそもITリテラシーの高い人は、ピンポイントで行きたい画面へ行きたいでしょうし、使い慣れていない人、ITリテラシーの低い人にとっては使いこなせるかどうかがそのシステムを利用する判断材料となるので、この辺りはバランスですかね。

6. 「押しやすいようにここ全部リンクにしちゃえばいいじゃん」
Googleニュースはほんとクリックできる領域が多すぎてなんか使いづらいんですが、あれってどうなんでしょう?

7. 「もっとこうインタラクティブにさぁ……」
賛否両論あると思います。

8. 「よし、○○と名づけよう」
まぁ、当たり前の話。

9. 「ここだけメニューとっぱらってコンテンツ領域を広げよう」
ITリテラシーの低い人が一番困るのが、この「メニューが突然なくなっちゃう」現象です。
作り手側からすれば、たくさんの情報を表示させたい場合、ちょっとでも見やすくなるよう表示領域を広げたい気持ちもわかるんですが、これはやっちゃいけないと思います。

10. 「吹き出しとかで説明しちゃえば?」
まぁ、完全に私の私見です。

11. 「Bootstrapを使用しているのでUIは1つです」
情報が増えすぎると、さすがにメニューをたたむくらいではスマホでは見にくいですよね。
PC・タブレット、スマートフォン、フィーチャーフォンの3種類くらいに分かれるでしょうね。


コメント(0) | トラックバック(0) | 21:57:10
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:0 - http://genmaicha460.blog27.fc2.com/tb.php/109-43109f53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。